サスティナビリティ
Sustainability

行動規範

ホシデン株式会社は、社会の持続可能な発展と、ホシデングループ(ホシデン株式会社およびその関係会社)の持続的な価値創造と競争力の向上を目指し、2007年に「公正取引・倫理的な経営」、「人権・労働」、「安全衛生」、「環境保全」等について企業の社会的責任(CSR)に関するホシデングループ行動規範を策定いたしました。 ホシデングループは、社会および顧客から信頼される会社であり続けるため、顧客および社会に必要な製品を生産し供給するという企業本来の社会的責任に加え、関連する法令およびこの行動規範を遵守しながら健全な事業活動を進めてまいります。

責任ある鉱物調達に関する基本方針

ホシデングループは、原材料として重要な鉱物資源においてコンゴ民主共和国(DRC)やその隣接国を含む紛争地域や高リスク地域(CARAHs)からの鉱物に対し、経済協力開発機構(OECD)の「紛争地域および高リスク地域からの鉱物の責任あるサプライチェーンのためのデュー・ディリジェンス・ガイダンス付属書Ⅱ」の趣旨に沿った活動を推進し、採掘等において強制労働や児童労働を含む人権侵害、環境破壊、資金洗浄などの紛争や不正な行為を引き起こす組織の資金源となる、これらの鉱物を使用しないことを基本方針とし、調達先と連携をとり、サプライチェーンの透明性の向上を図ります。